鳳来牛セリ落とし

本日、内藤精肉店大社長(偉大なという意味じゃなくて体がデカい意)から連絡がありまして、「競り落とした」と。

競り落としたということは一般的な肉屋ではあまりないことで、内藤さんは1頭買いするんです。その辺りは偉大なんかな?
競り場のことはよくわかんないですが、前回使用した久保田氏が肥育した鳳来牛だけが高値取引されたようです。

高値取引は生産者の人気と実力を兼ね添えた証。しばらくこの傾向は続くかもしれませんね。

で、今回内藤さんが競り落としたのはA4のメス。
前回はA5の去勢牛。
質的にモモ部位に関しては今回のほうが良いかも(勘ですが)

価格は当然今回のが上。なんですが、私には4次元的な超演算法がありますから心配しないでください。

ということで再販する予定でいます。(4月の肉祭りも鳳来牛)

熟成期間必要ですから、今月最後の週に販売するということで調整していきます。

お目当てにされる方になるべくご迷惑をかけないように配慮しますね。


bi-fu5.jpg
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント