ローストビーフつけ麺

3月29日(水)の肉祭りの詳細です。

つけ麺でいきます。

鳳来牛は内もも(前側)を1ブロック仕入れましたので、それを4部位に小分けしました。
画像のように1番大きな塊がうちもも、その左側がこもも。この2つの部位をローストビーフにします。
こももの方はほぼ純粋な赤身で、内ももはサシが入ります。両方を
適度に織り交ぜて盛り付けたいと思っています。

右側上がかぶり。下が雑肉です。

ローストビーフには、シャリアピンソースをかけ(醤油玉ねぎソース、もっとわかりやすく言うと、あさくまのステーキソース)辛味大根と芽葱を添えましたので少しづつ肉に乗せて召し上がって頂くと良いかと思います。

つけ汁は牛骨清湯山六出汁です。牛骨は確認してないですが、和牛の良いヤツだと思います。出てくる脂とか香りがすごく良かったですから。
そのスープに大葉刻み、水菜、練りワサビを加え清涼感を醸し出しています。

麺は、つけ麺用としては、なな家史上最高の出来栄え?を用意しました。(レベルは低いですから笑)
250gで大盛り不可となります。

気になるお値段ですが、普通に計算するとローストビーフだけで1500円超えますw
ですから、4次元的な超演算法で計算することにしました、、、、、、1500円で。

オプションでお茶漬けもご用意します。
つけ汁の残りのスープを使いますので、ご入用の方はスープを残しておいてくださいね。
私が作りますので、スタッフにつけ汁をお渡しください。

具の肉は先ほどのかぶりの部位をタタキにしたのものとローストビーフの端っこを用います。
価格は300円で。

だいたい80食くらいかなと思われます。
お昼から提供します。

総じて、すっきりと和的に仕上げました。
よろしくお願いします。

ps:雑肉とスジは後日、カレーを仕込む予定です。



bi-fu5.jpg
bifutyaduke.jpg
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント