月曜の煮干し

月曜日の煮干しのメニュー詳細をご連絡しておきます。

まず、スープは通常のIEKスープに鶏ガラで追い鶏し、動物濃度を上げておきます。
ココに少なめの水量で水戻しした結構多めのカタクチの煮干しを投入し炊き込みます。煮干しをスープに溶かし込む感じで潰しと撹拌を織り交ぜながら完全に煮干しがフレーク状になるまでやったり鱒。
使う返しは通常量の半分、塩分と旨味が強すぎるんでそれだけしか使えんのです。

合わせる麺は敢えて、博多系細麺。外麦に豚骨専用粉「らー麦」を配合した低加水麺(林製麺製)
ドロなスープを十分に食べてくださいという配慮ですw

チャーシューはカナダポークを使います。お湯割り系で使った同じ品種で信用度抜群なやつです。今回は肩ロースを使いました。
肉に塩をまぶし、余分な水分の脱水と熟成を同時に行わせて、旨味の増幅をさせました。これを強烈な煮干し出汁で低温ボイルし、湯で汁とともに冷却、煮干しの風味を肉に反映させるのが狙いですが、今の段階でちゃんとできているかは謎ですw
これを薄切りにして山型の天盛りにして配置する予定で、肉マシ可能です。そちらはテラ盛りで(笑)

画像は試作確認ですが、総じての味わいは、、、キモイ。

苦いし、重いし、泥いし、臭いし、食べやすさ皆無w


無理やり言い換えれば、愛と憎しみと欲望とスリルのある禁じられた恋、、、、、、なのだ。



ズタズタボロボロになった心の癒しに炊き込みご飯もセットで用意しました。

コチラは癒し系メニューですよ。

田作りの炊き込みご飯です。

田作り、、ごまめはカタクチの幼魚です。
煮干しじゃないですよ。素干しです。

山六で調達した島根青島の艶、透明感、サイズともに◎の最高級品を使います。

出汁がキッチリ効いた炊き込みご飯を狙いますよ。


月曜は昼のみの営業です。

余ったら、(多分余るけど)火曜日も継続販売します。

よろしくお願いしまーーす。


「ドロ沼的な濃い恋煮干しラーメン」





tatukuri.jpg
tatukuritakikomi.jpg
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント