新メニュー補足説明その1

昨年より恒例の梅雨時外看板点かない現象がおきておりますw 看板電気が点いてなくても元気に営業してますからね。
梅雨が明けましたら、外看板も元気に仕事すると思われますw

新メニュー移行後、想定以上にIEKpageよりご注文をいただいており、スープ切れ綱渡り状態が続いております。
いかがでしょうかねぇ?
スープの取り方を(手順と構成)は3通りくらいを順繰りと回してますから、一定の味わいではないのですが不満があったら言ってくださいね。押しつけがましいメニューにするつもりはないものですから、、、

新メニューにおいて、いろいろと能書きを垂れなきゃいかんのですが、時間がなくて(汗
少しづつWEB上で補足説明していきます。

まずは、割とオーダー数が多い「IEK 汁なしガッツン」ですが、家系らしさなんて微塵もありませんw 強いて挙げれば、麺が一緒で海苔が付いてるくらいです。今までの汁なし七二郎の代替えでラインナップした意味合いが強いものですから、作る方は家系テイストを盛り込むなんて二の次だし、無理だし、、、みたいな感じのメニューですw
 ただ、中太麺で量が多いですからね。気軽に大盛り頼む方が多いですが、気を付けてください。大盛りは450g、焼きそばで言えば4玉分くらいありますからね。

 ついでに麺に関して記しますけど、今回のメニューにあたり林製麺さんに当店専用で作って頂いております。いいか悪いかは別にして、「サクッ」「もちっ」「ムチッ」が相乗りしてる感じでしょうか? 改善の余地はありますが、とりあえずこれでスタートしてます。

あとですね、意図的にオーダーしにくいように表記してますが、「NIBOSHI」と「PONZU」ですが、うちらしい隠れ一押しメニューです。
「NIBOSHI」はIEKスープに和出汁をブレンドし、ガッツリ追い煮干しした病み付き系!「PONZU」は鶏清湯スープでIEKスープを淡くし、半年以上寝かせた果汁感あふれる自家製ポン酢を返しに使ったお得意創作系。
 こちらの2品は細麺が似合うのですが、メニュー表記がごちゃつくので通常はIEK標準麺で提供します。が、申し付けていただければ細麺で対応します。

補足はその2、その3とあるのですが、今日のところは眠いのでこの辺で・・・・


明日の朝は「なでしこジャパン」応援しましょ! 
日本の女性は世界で一番、心身ともに強い民族の女であることが証明されるでしょう。


ieklight.jpg
IEKnibo.jpg
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント