勝浦式タンタンメン(通称勝タン)

最近、賄いでご紹介している「勝タン」について少し。

 千葉県勝浦市の御当地ラーメンとして、2,3年ほど前danchuなどの雑誌等で紹介されて依頼、脚光を浴びており、全国的に知れ渡りつつあります。
 勝浦市に現在この勝タンをなるものを提供している店は約40件近くあるそうです
市や商工会もこの機にと「勝タンマップ」を作成し、町おこしの一環を担っているようです。

そもそも漁師さんの体を温めるために「はらだ」というお店が考案したものらしいのですが、詳しくは「まさの麺食生活録」でまささんが紹介しているのでご覧ください。

ラー油の海に身構えてしまいますが、たまねぎから出た甘みで辛味と調和し、箸がどんどんと進みます。よくぞ考え出したものだなあと感心します。
本物を食べたことがないので比較はできませんがこんなような感じであろうと思われます。

最近、すがきや食品からもカップ麺が発売されたようでこの地方でも認知されていくのかな?

 この勝タン、メニューに揚げるつもりはないのですが、当店のものでよろしければ当プログ上でご予約と言う形で承ろうかと思います。(前日までにお願いします。)
 ご興味のある方は体調を整えてからどうぞ。


プログ 021
勝タン+スガキヤ
醤油ほどの感動はないかな

<nanaya 047
ブレンド柑橘オイル
スポンサーサイト
  
   迷い

Comment

つけ麺について

つけ麺改良してから初めていただきました。最近食べた中で間違いなく一番の美味しさです。ただ、スープの持ち上げが良いせいか大盛りで食べた時に最後の方はスープが無くなってしまいました。スープも堪能したいのでもう少し多いと嬉しいです。

2010.04.13(Tue) 16:16       白帯 さん   #-  URL       

白帯さんへ

コメントありがとうございます。
正直、里芋の質により粘度にバラツキがあります。
気を付けます
大盛の時はつけ汁多めにしますね。

2010.04.14(Wed) 11:38       奈々家 さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント