明日は干焼蝦仁

 山六ですが、やっとこさ収まりがよくなってきました。通常、魚介系スープというのは鶏なり豚なりの動物系スープに節の味わいを乗せていくという手順なんですが、この新・山六は逆に和出汁に鶏の骨格を入れていくという作業をしております。鶏に関しては現在は廃鶏の丸、手羽元、鶏皮少々といった具合です。ガラは使いません。多分、この先も、、、、、イメージが違うんですね。よって、非常にクリアーな鶏の味わいとコクをプラス...

Read More